ディープラーニング

ディープラーニング(deep learning)、深層学習とは、機械学習の手法の一つであり、コンピュータ側が学習データから自動的に特徴を認識、抽出を行うもの。

データの特徴をより深いレベルで学習し、非常に高い精度で特徴を認識できる。そのため、人の声の認識や、カメラで撮影した画像の認識など、汎用的なAI(人工知能)への応用が期待されている。

機械学習

機械学習とは、人間が自然に行っている学習能力と同様の機能を、コンピュータで実現しようとする技術のこと。「人工知能のプログラム自身が学習する」仕組み。

現在では、数値や文字、画像や音声といった多様なデータの中から、規則性やパターンを発見し、現状把握や未来予測をするのにその知識を役立てることが目的となっている。

サイバーマンデー

サイバーマンデー(Cyber Monday)とは、アメリカ合衆国の祝日「感謝祭(サンクスギビング、11月の第4木曜日)」の翌週の月曜日のこと。オンラインショップでの年末商戦(クリスマス商戦)の初日として知られる。感謝祭翌日の金曜日「ブラックフライデー」に対してそう呼ばれ、この呼び名は2005年に全米小売業協会NRFの「Shop.org」がプレスリリースで初めて用いた。

感謝祭翌日の「ブラックフライデー」で外出したり帰省したりしていた人たちが、自宅に戻って改めて落ち着いてインターネットで買い物をしたり、買い損ねた商品を購入することが増えたことから、この名称が付いたと言われる。

ブラックフライデーとサイバーマンデーの両方とも小売業などの年末商戦の重要な日となり、総称として「BFCM」とも呼ばれる。

日本では、2012年にアマゾン(Amazon.co.jp)が「12月の第2月曜日」を日本版サイバーマンデーとして日本記念日協会に申請し、認定されている。2014年には商標も登録している。

ブラックフライデー

ブラックフライデー(Black Friday)とは、アメリカ合衆国の祝日「感謝祭(サンクスギビング、11月の第4木曜日)」の翌日の金曜日のこと。小売店などの年末商戦(クリスマス商戦)の初日として知られる。大幅に値引きする小売店のセールに客が押し寄せて黒字になることから、この呼び名が定着したと言われる。

小売店のセールはブラックフライデー当日の早朝から始まるものだったが、ブラックフライデーが祝日ではないものの休暇になることが多く、祝日である感謝祭の日の晩からセールを始めることが増えている。

ブラックフライデーに対して、感謝祭の翌週の月曜日をオンラインショップでの年末商戦初日として「サイバーマンデー」と呼ばれる。また、ブラックフライデーとサイバーマンデーの両方の総称として「BFCM」とも呼ばれる。

日本でも、2016年頃から「ブラックフライデー」を取り込む動きが見られる。

センテナリアン

センテナリアン(centenarian)とは、100歳以上の人物のこと。百寿者。

センテナリアンには比較的「寝たきり」の人が少なく、最後まで元気な人の割合が高いと言われる。現在、国別のセンテナリアンの人数はアメリカ合衆国が最多で、次いで2番目に多いのが日本とされる。

110歳以上の人物は、スーパーセンテナリアン(super-centenarian)と呼ばれる。

ドッグフーディング

ドッグフーディング(dogfooding)とは、社員が自社製品や自社サービスを日常的に社内業務で利用すること。もしくは正式リリース前の自社製品を社内テストで積極的に使用すること。英語では「Eating your own dog food.」というフレーズでも用いられる。

その日常的な利用の中から、自社製品の試験運用やベータ版の改善を目的に、ユーザービリティ確認や問題点の発見を行う。

元々は、ドッグフード会社のセールスマンが犬用ビスケットを食べて質の高さをアピールした、というエピソードが由来とされている。また、1988年にマイクロソフト社のPaul Maritz氏が同僚に送ったEメールの件名「Eating our own Dogfood.」がきっかけで、社内にこの表現が「同社製品の積極利用」の意味として広く流通した。

パーキンソンの法則

パーキンソンの法則(Parkinson’s law)とは、もともとは「役人の組織は、実際に必要な仕事の量に関係なく肥大化する傾向がある」というもの。そこから「人間は与えられた分の時間やお金をすべて使い切る傾向があり、時間やお金の拡大は最終的に組織を腐敗させる」ことを意味する。

パーキンソンの法則は、以下で構成される。

  • 第1法則:仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する
  • 第2法則:支出の額は、収入の額に達するまで膨張する
  • 第3法則:拡大は複雑化を意味し、組織を腐敗させる
  • 凡俗法則:組織はどうでもいい物事に対して、不釣り合いなほど重点を置く

イギリスの歴史学者で政治学者のシリル・ノースコート・パーキンソン(Cyril Northcote Parkinson)が『パーキンソンの法則:進歩の追求』で提唱した。イギリスの官僚組織の研究から生み出された法則。

続きを見る »

シンギュラリティ

シンギュラリティ(Singularity)とは、人工知能(AI)が人類滅亡の脅威となりうるほど進化した際に起こる出来事のこと、もしくはその地点、限界点のこと。技術的特異点。

人間が想像できないほどの超越的な知性が誕生し、従来の人類の傾向に基づく技術の進歩予測はできなくなると考えられる。

ミレニアル世代

ミレニアル世代(Millennial Generation, Millennials)とは、アメリカで2000年代に成人もしくは社会人になる世代を指す。1980年代半ばから1990年代初頭に生まれた世代のこと。M世代、新世紀世代、ミレニアルズとも呼ばれる。

インターネットが普及した環境で育った最初の世代で、幼い頃からデジタル機器やインターネットに接する「デジタルネイティブ」な世代である。情報リテラシーに優れ、ソーシャルメディア(SNS)に積極的に参加し、共同体への帰属意識が強い傾向、仲間とのつながりを大切にする傾向があるとされる。

ジェネレーションY(Y世代)、エコブーマーと同義に扱われることもある。

続きを見る »

純粋想起

純粋想起とは、ブランド認知率などの調査の際に、「このような製品やサービスで、頭に思い浮かぶブランド名を挙げてください」という質問に対してブランド名が挙がること。アンエイデッド・アウェアネス(Unaided Awareness)。ブランド認知の一つ「ブランド再生」と同義。

ブランド名で誘導されずに計測された認知がわかる。つまり、そのブランドが消費者のエボークト・セットの中に入っているかどうかがわかる。

これに対して、ブランド名で誘導されて挙がることを「助成想起」という。