トランザクショナルクエリ

トランザクショナルクエリとは、ユーザーがWeb検索する際に用いる検索クエリ(検索キーワード)のうち、何かをほしい、購入したい、どこかに行きたいというような「取引型」の検索クエリを指す。購入や申し込みのような決済や取引を行う意図がある中での検索が、これに該当する。

「do」クエリと呼ばれることもある。

SEMの領域では、検索クエリは「ナビゲーショナルクエリ」「トランザクショナルクエリ」「インフォメーショナルクエリ」の3つに区分される。

インフォメーショナルクエリ

インフォメーショナルクエリとは、ユーザーがWeb検索する際に用いる検索クエリ(検索キーワード)のうち、情報を集めるための「情報収集型」の検索クエリを指す。何かを知りたい、あるいは直面している課題を解決したいというような意図があるため、検索対象は幅広く、また適切な検索結果がユーザーごとに異なる場合も多い。

「know」クエリと呼ばれることもある。

SEMの領域では、検索クエリは「ナビゲーショナルクエリ」「トランザクショナルクエリ」「インフォメーショナルクエリ」の3つに区分される。

ナビゲーショナルクエリ

ナビゲーショナルクエリとは、ユーザーがWeb検索する際に用いる検索クエリ(検索キーワード)のうち、特定のサイトやコンテンツに移動するための「案内型」の検索クエリを指す。「このサイト、このコンテンツにアクセスしたい」という明確な意図があり、ブックマーク代わりの検索とも言える。

「go」クエリと呼ばれることもある。

SEMの領域では、検索クエリは「ナビゲーショナルクエリ」「トランザクショナルクエリ」「インフォメーショナルクエリ」の3つに区分される。

レモン市場

レモン市場(lemon market)とは、買い手が商品の品質や価値をわからないために、質の悪い商品ばかりが流通してしまう市場のこと。「レモンの原理」。英語の「lemon」の「魅力のないもの」「不良品」「中古車」という意味に由来する。

レモン市場では売り手と買い手の間に情報格差(情報の非対称性)があり、買い手の商品価値への無知につけ込んで売り手が不良品でも良質な商品として売ろうとする。次第に買い手も状況を理解しはじめると商品を購入しなくなり、結果として市場に不良品がだぶつき、値段も下がるため、さらに市場に出回る商品が不良品ばかりという状況になってくる。

質の悪い「レモン」に対して、外見からその品質がわかりやすい商品を「ピーチ」と呼ぶ。

SQL (Sales Qualified Lead)

SQL (Sales Qualified Lead) とは、営業部門が日頃の営業活動の中で創出する案件(リード)、あるいはそのリストのこと。

マーケティング部門から渡されたMQL (Marketing Qualified Lead)が営業部門でSQLに転換することもある。

SQLは、何を求めているかや予算、納期が明確になっていることが多く、早い期間で成約に至ることが多い。

MQL (Marketing Qualified Lead)

MQL (Marketing Qualified Lead) とは、マーケティング部門が育てて絞り込み、営業部門に転換していくまでの見込み客(リード)、あるいはそのリストのこと。

展示会やWebからの問い合わせ、営業部門が過去に交換した名刺などからのリストをデータベースに統合し、そこからナーチャリング(啓蒙育成)、スコアリングして絞り込まれたリードである。

MQLは、何を求めているかや予算、納期が決まっていないことがほとんどのため、成約に至るまでに時間を要することが多い。

アドベリフィケーション

アドベリフィケーション(ad verification)とは、インターネット広告が広告主のイメージ低下を招くようなサイトやページに掲載されていないかを確認したり、ユーザーのブラウザ画面内に実際に表示されているかを確認したりして、広告の配信をコントロールするツールや仕組みのこと。2011年ごろからプログラマティック広告(運用型広告)の領域において利用されるようになった。

DSPなどを使った広告配信は、リーチの拡大などのメリットがある一方で、掲載される媒体情報が広告主に開示されない場合があり、意図しないサイトやページに配信される可能性がある。アドベリフィケーションのサービスを利用することで、例えば公序良俗に反するサイトへの広告表示を防げる。

アドベリフィケーションには、一般的には以下の3つの要素を含む。

アドフラウド

アドフラウド(ad fraud, アドフロード)とは、オンライン広告において意図的に無効なインプレッションやクリックを計上する広告詐欺の仕組み、あるいはその問題のこと。インターネット広告を検証する仕組み「アドベリフィケーション」の検証要素の一つ。

アドフラウドは特にプログラマティック広告(運用型広告)の領域において顕著で、自動プログラム「ボット」による不正クリックや広告表示といった手法だけでなく、金銭的な報酬を受け取ったユーザーによる意図的な広告表示やクリックも該当する。

価値あるコンテンツを持たない事業者が、広告主から広告予算を正当なメディアから不当に乗っ取ることを目的としている。

北米では、オンライン広告における全インプレッションの10~20%以上がクリック詐欺を含むアドフラウドによるもの、という調査結果もある。

バンパー広告

バンパー広告とは、YouTubeの動画再生時の前に表示される6秒間のスキップできない動画広告(CM)のこと。2016年5月に提供開始された。

モバイル端末での動画視聴が増えたため、モバイル視聴における数十秒の動画広告は良い印象を与えにくく、また視点が画面右下のスキップボタンに向いてしまい、広告内容が記憶に残りにくいという課題があった。その改善のため、数秒間のスキップできない動画広告の導入に至ったとされる。

バンパーとは、もともとはテレビのCM入りやCM明けの短い時間、あるいは画質や音声モードの切り替え時に生じる短い時間のことで、その時間の調整のために本番組の開始の前に短いビデオクリップなどが用意されることがある。バンパー広告はそれに由来する。

MFI(モバイルファーストインデックス)

MFI(モバイルファーストインデックス)とは、グーグルの検索エンジンが従来のPC向けコンテンツではなくモバイル向けコンテンツの評価を主に使用して、ランキングを決定する仕様のこと。2016年11月にグーグルが計画を発表した。

近年、全世界でモバイル検索数がデスクトップ検索数を超え、多くのユーザーがモバイル向けコンテンツを利用しているにも関わらず、Google検索のランキングはPC向けコンテンツを軸に評価し続けているという問題があった。それを解決するために、モバイル端末が多く利用されているという実態に合わせて、Google検索もモバイルファーストなインデックスに仕様を変更することとなった。

日本時間の2018年3月27日に、グーグルはMFI(モバイルファーストインデックス)への切り替えを幅広い範囲で開始したと発表した。MFIへの切り替えは、準備が整っているサイトから順次行われる。

なお、MFIはGoogle検索のランキングに直接は関係ない。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト インデックスに向けて(2016年11月5日)
Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト インデックスを開始します(2018年3月27日)