シンギュラリティ

シンギュラリティ(Singularity)とは、人工知能(AI)が人類滅亡の脅威となりうるほど進化した際に起こる出来事のこと、もしくはその地点、限界点のこと。技術的特異点。

人間が想像できないほどの超越的な知性が誕生し、従来の人類の傾向に基づく技術の進歩予測はできなくなると考えられる。

ミレニアル世代

ミレニアル世代(Millennial Generation, Millennials)とは、アメリカで2000年代に成人もしくは社会人になる世代を指す。1980年代半ばから1990年代初頭に生まれた世代のこと。M世代、新世紀世代、ミレニアルズとも呼ばれる。

インターネットが普及した環境で育った最初の世代で、幼い頃からデジタル機器やインターネットに接する「デジタルネイティブ」な世代である。情報リテラシーに優れ、ソーシャルメディア(SNS)に積極的に参加し、共同体への帰属意識が強い傾向、仲間とのつながりを大切にする傾向があるとされる。

ジェネレーションY(Y世代)、エコブーマーと同義に扱われることもある。

続きを見る »

純粋想起

純粋想起とは、ブランド認知率などの調査の際に、「このような製品やサービスで、頭に思い浮かぶブランド名を挙げてください」という質問に対してブランド名が挙がること。アンエイデッド・アウェアネス(Unaided Awareness)。ブランド認知の一つ「ブランド再生」と同義。

ブランド名で誘導されずに計測された認知がわかる。つまり、そのブランドが消費者のエボークト・セットの中に入っているかどうかがわかる。

これに対して、ブランド名で誘導されて挙がることを「助成想起」という。

助成想起

助成想起とは、ブランド認知率などの調査の際に、「(特定ブランド名や製品名)を知っていますか?」という質問に対して「はい」と答えられること。エイデッド・アウェアネス(Aided Awareness)。「ブランド再認」と同義。

助成想起は、ブランド名で誘導されて計測された認知であり、認知の最大面積を測定するのに適している。

これに対して、ブランド名で誘導されずに挙がることを「純粋想起」という。

ブランド・エクイティ

ブランド・エクイティ(brand equity)とは、消費者や社会全体によるブランドに対する一定のイメージのこと。ブランドが持つ無形の資産価値である。ブランドに対する一定のイメージのポジティブなもの、ネガティブなものすべてを含む。

「エクイティ (equity)」は「株式」「所有資産」などを意味するが、ブランドは有形資産と違って目に見えない。しかし、消費者による消費行動に影響を与え、企業の利益を向上し成長を支えるものとなるため、「資産」として評価するようになった。

ブランド・エクイティを構成する要素のうち、重要な要素の一つが「ブランド・ロイヤルティ(ブランドへの忠誠心)」である。ブランド・エクイティを築くための一連の活動が「ブランディング」となる。

エボークト・セット

エボークト・セット(Evoked Set)とは、消費者が購買行動の前に購入検討の対象として頭の中に思い出すブランドの組み合わせのこと。「想起集合」「喚起集合」「イボークト・セット」とも呼ばれる。

通常は3個~5個程度が含まれる。

消費者の頭の中には、いままでの購入経験から買ってもよいと思ういくつかのブランドの候補(エボークト・セット)があり、その中からそのとき買うブランドをランダムに選んでいる。

ブランドとして市場の上位ポジションを獲得したいのであれば、エボークト・セットの中に入らなければならない。

価格弾力性(需要の価格弾力性)

価格弾力性(price elasticity)とは、価格の変動に対して製品の売り上げがどれだけ変動するかという反応度のことを表す。

「需要の価格弾力性」の場合、価格の変化率に対する需要の変化率で表される。以下の計算式となる。

価格弾力性 = – (需要の変化率(%) / 価格の変化率(%))

例えば、価格を10%値上げして需要が20%減少した場合、価格弾力性は「2」となる。

需要の価格弾力性が「1」を上回れば、消費者はその製品の価格の変化に敏感で、需要が変動している状態である。その状態を「弾力的」「価格弾力性が大きい」と表す。競合他社が多く製品の独自性が低ければ、価格弾力性は大きくなりやすい。需要の価格弾力性が「1」を下回れば、「非弾力的」「価格弾力性が小さい」と表す。

ソーシャルグッド

ソーシャルグッド(social good)とは、社会貢献を目的とした事業活動や取り組み、またそれらを支援するサービスのこと。「社会を良くする」「社会の課題を解決する」という、世の中で肯定され応援される普遍的価値のこと。

これまで企業が行う社会貢献活動は、CSR活動として本業とは切り離されることが多かったが、ソーシャルグッドは収益追求と社会貢献がリンクしているのが特徴である。本業を通じて社会に貢献することを重視する。

PII(個人を特定できる情報)

PIIとは Personally Identifiable Information の略で、個人情報、個人を特定できる情報のこと。プライバシー性の高い情報のこと。電話番号、メールアドレス、名前といった情報をはじめ、他の情報と組み合わせて身元や居住地を特定できる情報も含まれる。特に個人を特定できるオンラインネットワーク上の情報を指すことが多い。

PIIが関連付けられた個人を「PIIオーナー」と呼ぶ。

続きを見る »

ソフトセル

ソフトセルとは、商品の特徴を間接的な表現で訴求する伝え方、広告、販売手法のこと。イメージや情緒を重視して訴えかける販売手法。

売り込まれているという印象を与えずに、営業を行える。日本の広告にはイメージ中心のソフトセルが多いとされる。

ソフトセルの反対がハードセルである。