OTT

OTTとは、インターネットによる動画や音声などの大容量コンテンツ配信の事業者あるいはそのサービスのこと。その中でも、従来のインターネットサービスプロバイダや通信事業者とは関係のない企業によるものを指す。近年では特に動画配信のことを指すことが多い。Over The Topの略称。

動画配信や音楽配信としてのYouTube、iTunes、近年では動画配信のNetflixやHulu、Amazonなどが該当する。

OTTでは、広告収入や視聴ユーザーへの課金が主な収益源となる。

拡張現実(AR)

拡張現実とは、現実世界で人が感知できる情報に、コンピュータなどが別の情報を重ね加えて、現実を拡張表現した技術やその手法のこと。Augmented Reality、AR。

バーチャルリアリティ(VR、仮想現実)の変種だが、主体であるのはあくまで現実世界である。

普及しているものとしては、ディスプレイに表示された実際の視覚情報に、位置情報などの他の情報を付加して表示するものなどがある。

バーチャルリアリティ(VR)

バーチャルリアリティ(virtual reality)とは、CGや実写の3D表現といった技術で作られた仮想の世界を、実際の感覚を通してまるでその場にいるかのように体感できる技術やその世界のこと。VRや仮想現実とも呼ばれる。

スマートスピーカー

スマートスピーカーとは、音声アシスタントの技術を搭載したデジタルアシスタント端末のこと。音声操作により、スピーカーから回答したり、連携するサービスの処理などを行うことを主な機能とするスタンドアロン型の端末である。Wi-FiやBluetoothを使用し、無線でネット環境に接続、また各サービスと連携する。

アマゾン社のAmazon Echo、グーグル社のGoogle Homeなどがある。

音声で指示を行うためキー入力が省略でき、また自然な問いかけに対して自動で解釈や処理をするという利便性がある。

音声アシスタント

音声アシスタントとは、音声認識技術や自然言語処理などを用いてユーザーの話す内容を理解し、その指示や要求に対して適切な回答や処理を行うサービスや機能のこと。インテリジェントパーソナルアシスタント。

音声でコンピューターに対して指示を行うためキー入力が省略でき、また自然な問いかけに対して自動で解釈や処理をするという利便性がある。

音声アシスタントを搭載した端末としてスピーカーが用いられることがあり、スマートスピーカーと呼ばれる(Amazon Echo、Google Home)。

主要な音声アシスタントとして、アップル社のSiri(2011年~)、アマゾン社のAlexa(アレクサ、2014年~)、マイクロソフト社のCortana(コルタナ、2015年~)、グーグル社のGoogle Assistant(2016年~)がある。日本では、NTTドコモ社のしゃべってコンシェル(2012年~)、ヤフー社のYahoo!音声アシスト(2012年~)、LINE社のClova(2016年~)などがある。

  • Apple Siri (2011-)
  • Google Now (2012-)
  • Amazon Alexa (2014-)
  • Microsoft Cortana (2015-)
  • Google Assistant (2016-)

Instagram pods

Instagram pods(インスタグラム・ポッド)とは、Instagramユーザーによる自主的でクローズドなグループで、グループメンバーの投稿に即時に他メンバーが「いいね!」やコメントをして、投稿のエンゲージメントを瞬時に高めてタイムライン上の優位性を確保することに協力していると言われる。「互助会」の一種。

Instagram podsはインフルエンサーを中心に構成され、自身のアカウントのブランディングだけでなく、企業支援目的のインフルエンサーマーケティングの一環としてその行動をしていると考えられる。

参照
The Instagram ‘pods’ using likes to fight the new algorithm

トランザクショナルクエリ

トランザクショナルクエリとは、ユーザーがWeb検索する際に用いる検索クエリ(検索キーワード)のうち、何かをほしい、購入したい、どこかに行きたいというような「取引型」の検索クエリを指す。購入や申し込みのような決済や取引を行う意図がある中での検索が、これに該当する。

「do」クエリと呼ばれることもある。

SEMの領域では、検索クエリは「ナビゲーショナルクエリ」「トランザクショナルクエリ」「インフォメーショナルクエリ」の3つに区分される。

インフォメーショナルクエリ

インフォメーショナルクエリとは、ユーザーがWeb検索する際に用いる検索クエリ(検索キーワード)のうち、情報を集めるための「情報収集型」の検索クエリを指す。何かを知りたい、あるいは直面している課題を解決したいというような意図があるため、検索対象は幅広く、また適切な検索結果がユーザーごとに異なる場合も多い。

「know」クエリと呼ばれることもある。

SEMの領域では、検索クエリは「ナビゲーショナルクエリ」「トランザクショナルクエリ」「インフォメーショナルクエリ」の3つに区分される。