オンボーディング

オンボーディングとは、企業が新しく採用した人材を組織に配置し、その一員として文化や仕事の進め方に慣れてもらう教育プロセスのこと。新人研修。

そこから転じて、サービスやソフトウェアの新規ユーザーに対し、機能の使い方に慣れて継続的な利用を促す一連のプロセスやコンテンツのこともオンボーディングと呼ばれる。アクティブユーザー化に向けた初期のプロセスの一つ。チュートリヤルやガイドツアー、ゴールまでのステップ表示などが該当する。

ウォールド・ガーデン

ウォールド・ガーデンとは、もともとは「壁に囲まれた庭」の意味だが、そこから転じて「クローズド・プラットフォーム」の意味も持つ。一部のユーザーに利用を限定して、そのユーザーにできるだけその壁の中で行動してもらうような仕組みのこと。

マイクロソフトのWindowsやアップルのiOSの事業、Facebook、Googleなどのビジネスは「できる限りその場所にとどまらせる」仕組み、つまりクローズド・プラットフォームであり、ウォールド・ガーデンと表される。

GoogleやFacebookが、一部の国で無料や低価格のWi-Fiを提供したり、通信費の一部を負担したりしている取り組みも、このウォールド・ガーデンと言える。

リカレント教育

リカレント教育とは、義務教育等を終えて社会人になった人が、教育機関に入り直して教育を受けること。あるいは、そのように本人が望めば年齢や時期に関わらずいつでも学べる教育システムのこと。

スウェーデンの経済学者ゴスタ・レーンが提唱した。生涯にわたり教育と労働、余暇などを交互に行ない、さらなる技術や知識、心の豊かさを身につけて再び社会に貢献ができる、とされる。生涯学習のあり方の一つ。

リカレント教育の普及には、受け入れる教育機関の充実に加え、企業側の柔軟な雇用制度や勤労条件の整備、教育経費の増大などの課題がある。

デジタルタトゥー

デジタルタトゥーとは、いったんWeb上で公開された書き込みや画像、情報は、一度拡散されるとコピーされて残り続け、後からの消去が困難であることを表す表現。

2013年2月のTEDカンファレンスでのフアン・エンリケスの講演で言及され、広く知られるようになった。

SNSやブログ、掲示板などに投稿した書き込みは、コピーされたりまとめサイトに転載されたりなどで、本人の意志とは関係なく半永久的に残り続けてしまう。そのため、個人を特定できる情報であれば事件に巻き込まれる可能性や危険性が指摘されている。

カナリアリリース

カナリアリリースとは、プロダクトやサービスの新機能を一部ユーザーのみが利用できるようにリリースし、新機能に問題がないことを確認しながら段階的に全体に向けて展開していくデプロイ手法のこと。

本番環境の全体に展開するのではなく、並行して一部ユーザー向けに小規模にリリースし、負荷などの問題が発生したら現行のバージョンに戻すことができる利点がある(ロールバック)。A/Bテストや、新サーバーへの切り替え時に用いられるブルー・グリーン・デプロイメントに似た手法といえる。

カナリアリリースは、かつて炭鉱でのガス漏れ事故を防ぐために、無臭ガスに敏感な鳥(カナリア)を鳥かごに入れて炭鉱に持ち込んだ生理学者のJohn Scott Haldane氏による実験が由来とされる。

ペイウォール

ペイウォールとは、WebサイトやWebメディアがコンテンツを有料化し、対価を支払ったユーザーや有料会員だけが全文や全コンテンツを閲覧できる仕組みのこと。Webメディアの収入源に広告収入だけでなくユーザー課金収入を加えることで、より安定した運営につなげられる。

壁で囲い込んだ中に対価を支払ったユーザーだけが入れることに由来している。

コンテンツの一部の閲覧は無料だが全文を見るには有料という形式や、一定回数までのコンテンツ閲覧は無料だが回数超過分の閲覧は有料といった形式がある。

新聞社や専門領域のWebメディアを中心に、ペイウォールの手法が採用されている。

いかにして有料購読者を増やすかといったビジネス的な課題だけでなく、検索エンジンに対する技術的に適切な配信も必要になってくる。

サバンナ効果

サバンナ効果とは、入り口付近よりも空間の奥の方の照明を明るくすることで、人が安心感を感じて奥に進む効果のこと。人は暗い所から明るい所へは引き寄せられ、明るい所から暗い所には入りにくい習性があり、それを利用している。

暗い森の中で迷った人が、森の外に広がる太陽の光を浴びた明るい草原(サバンナ)を見て、暗い森から草原へ駆け出すという例え話から「サバンナ効果」と名前が付けられた。

入店を促進するための店舗の照明やデザイン、行動設計で用いられる。

イケア効果

イケア効果(IKEA effect)とは、自分が作ったものに対してその価値を過大評価する心理効果のこと。人は手間をかけることで思いや愛着が強まり、自分のみならず他人にとっても高い価値を持つものと錯覚する効果がある。

マイケル・ノートン、ダニエル・モション、ダン・アリエリーが2011年に論文で発表した。被験者への実験に用いたイケアの組み立て家具にちなんで「イケア効果」と呼んだ。認知バイアスやアンカリング効果の一つ。

自分が全面的に関与したり、うまくいったものに対してはイケア効果は強く表れる。一方で、関与が一部に限定されていたり、関与したが失敗したものに対しては、イケア効果は表れにくい。