フュージョン料理(多国籍料理)

フュージョン料理(fusion cuisine)とは、さまざまな国や地域に由来する食文化を組み合わせた料理の総称のこと。「多国籍料理」「無国籍料理」とも呼ばれる。

私たちが特定の国や地域の食文化として認識しているものの中には、まったく別の食文化からもたらされたり影響を受けたりしているものも多い。

フュージョン料理には複数の形態がある。例えばフュージョン料理としての「アジア料理 (Asian fusion)」は、地域的に隣接する国や地域の食文化にある共通点や類似性を元に構成され、欧米などで人気を得ている。またフィリピン料理は、植民地時代をはじめ過去の歴史的経緯からスペインや中国、アメリカの食文化の影響を大きく受けており、フュージョン料理の特徴を備えている。マレーシア料理も、マレー料理、ジャワ料理、中華料理、インド料理など、マレーシアの各民族と他民族の食文化の影響を受けて融合した料理が多い。

本来の伝統的な料理に対して、非伝統的な食材を取り入れたものもフュージョン料理と言える。アメリカで独自にアレンジされた中華料理「アメリカンチャイニーズ(アメリカ風中華料理)」は19世紀後半にサンフランシスコで生まれ、アメリカ人の舌にあった味へと変更を加えることで「クラブラングーン」や「オレンジチキン」といった独自の中華料理が登場した。また寿司の「カリフォルニアロール」は、カニかまやアボカドといった日本の伝統的な寿司では用いない食材を使い、海苔を酢飯の内側に裏巻きにするなど、寿司のフォーマットを利用したフュージョン料理の一種である。

食材は本来の伝統的なものを使用するが、調理法はまた別の伝統的なものであるというケースもある。「タコスピザ」は、チェダーチーズやサルサ、豆といったメキシコ料理のタコスの食材を使い、ピザとして調理される。

日本にも他の食文化を取り入れた料理は多い。独自に発展したラーメン文化、カレーうどんやタラコスパゲッティ、冷やし中華などは、本来は他国の食文化をベースにしたものだが日本独自のアレンジで普及した料理である。

続きを見る »

デジタルアダプション

デジタルアダプション(digital adoption)とは、ユーザーがデジタルなソフトウェア、アプリ、Webサイト、システムなどを使いこなしてその価値や恩恵を受けている状態、もしくはその状態に向けた整備やプロセスのことを指す。「デジタル定着」と訳されることもある。

デジタル社会に進むにつれて、デジタルな技術の利用機会は大きく増加した。企業に対してもデジタル・トランスフォーメーション(DX)の推進が求められ、生活や仕事におけるソフトウェアやシステムの利用は必須となっている。その中で、ソフトウェアやシステムが意図されたとおりに利用され、誰もがその価値を最大限に享受できる社会が理想とされ、その状態やそれに向けたプロセスがデジタルアダプションである。日本でも2021年にデジタル庁が発足し、「誰一人取り残されない、人に優しいデジタル化」と掲げたのも象徴的である。

それに向けた取り組みや支援が行われており、企業からは「デジタルアダプションプラットフォーム (DAP)」や「デジタルアダプションツール」などが提供されている。

ビアバッシュ

ビアバッシュ(beer bash)とは、お酒や軽食を食べながらカジュアルな交流を行うビジネスイベント、懇親会のこと。ビールなどのお酒を飲んだりピザなどの軽食を食べながら、仕事の間柄の仲間や関係者などとワイワイ楽しく行うイベントである。「beer (ビール)」と「bash (賑やかなパーティー)」を組み合わせた造語である。

単なるパーティーではなく、仕事をベースとしたネットワーキングやコミュニケーション促進が根底にある。アメリカのサンフランシスコにあるシリコンバレーを中心に、スタートアップ企業の起業家やエンジニアなどがカジュアルな情報交換や社内外の交流などを図る目的で開催していたことから広まったとされる。3~5分程度の短いプレゼンテーション「ライトニングトーク」を組み合わせて開催されることもある。

FAANG

FAANGとは、Facebook、Amazon、Apple、Netflix、Googleの5企業をまとめた呼称のこと。それぞれの頭文字を取ったもので、読みは「ファング」。

これらのアメリカ企業はIT分野の各市場を席巻して生活に欠かせないプラットフォームとなっており、動向を見逃せない企業である。このような有名で支配的なアメリカのIT領域の大企業をまとめて「Big Tech(ビッグテック)」と呼ぶが、GAFAと同様にその類似表現の一つである。

2013年にアメリカの投資家ジム・クレイマー(Jim Cramer)がCNBCのテレビ番組「Mad Money」にてFacebook、Amazon、Netflix、Googleの4社を「各市場で激しく支配的な企業」として「FANG」と呼んだのが最初である。当時はベアマーケット(下げ相場)であり、英語で肉食動物の牙を意味する「fang」が「ベアマーケット(熊が爪を振り下ろす様子に由来)」に「牙を食い込ますように影響を与えている」ことからそのように称した。クレイマーはその後2017年にAppleを加えて「FAANG」とし、さらにその後NetflixとMicrosoftを置き換えるなどで「MAMAA」の造語を提示している。

UTMパラメータ

UTMパラメータ(utm parameters)とは、Webサイトのマーケティングキャンペーンの効果測定で使用されるURLパラメータのこと。Webサイトに誘導するリンクやトラフィックに付与することで特定キャンペーンによるものであることを判別し、キャンペーンによるコンバージョンや費用対効果の分析を可能にする。グーグルが提供するアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」における仕様の一つ。

Googleアナリティクスの前身であるUrchinによって導入され、UTMは「Urchin Tracking Module」の略である。グーグルのドキュメントにおいて「UTMパラメータ」の用語の使用は一部にとどまり、おそらく正式名称ではなく通称である。ドキュメントでは「カスタムキャンペーン (custom campaigns)」「カスタムキャンペーン用のパラメータ」「カスタムURL」の表現が多い。

デジタルマーケティング領域にて広く普及しているため、他ツールでも判別できるものがある。その際、誤用だが「UTMタグ」と呼ばれることもある。

続きを見る »

COGS (cost of goods sold, 売上原価)

COGSとは、cost of goods soldの略で、売上原価のこと。企業会計で用いられる費用区分の一つで、販売した商品に直接関わるすべての費用のこと。業種により売上原価に含める原価の範囲は変わるが、一般的には商品の仕入れ金額、製造費、製造に関わる人件費などの諸経費を含む。売れ残っている商品に関する費用は含まない。

売上高から売上原価を引いた金額は売上総利益(粗利益)として定義される。そのため、企業が営業活動からどれぐらいの利益を上げているのかや商品の価値を評価する際に用いられる。

H/T (hat tip, 感謝, 敬意)

「H/T」とは、「hat tip」もしくは「tip of the hat」の略で、「お礼、敬意」「感謝」「同意」といった意味の英語の略語、インターネットスラングである。「tip one’s hat to」というフレーズは自分の被ってる帽子を片手で少し上げて挨拶する様子から転じて「~に挨拶する、敬意を表す」という意味を持ち、それが略されたものである。小文字の「h/t」や記号を含まない「HT」などの表現もある。

Twitterなどのソーシャルメディア、チャットやショットメッセージといったデジタルコミュニケーションにおいて、相手から何か情報や恩恵を受けたり相手の行動に賛同や敬意を表したりする際などに用いる。

銀の弾丸

銀の弾丸(silver bullet)もしくは銀の弾(ぎんのたま)とは、ビジネス領域においては「解決が困難な諸問題を一撃で解決するような万能な解決策」を意味する比喩表現のこと。ほとんどの場面において「銀の弾などない」として用いられる。

もともとは「狼男や魔女などを撃退できる」という西洋の信仰を元に作られた銀の弾丸のことである。そこから転じて「困難な問題を解決する決め手、特効薬」の意味で用いられるようになった。ただし、広まるきっかけとなったのはアメリカのソフトウェア技術者フレデリック・ブルックス(Frederick Phillips Brooks Jr.)による1986年の論文「No Silver Bullet – essence and accidents of software engineering(銀の弾などない)」である。それ以降のソフトウェア開発やITの領域などで引用される際もほぼ「銀の弾などない」である。

続きを見る »

RTB (reason to believe)

マーケティング領域におけるRTBとは、reason to believeの略で、消費者がそのブランドや商品を信頼するに足る理由や根拠、訴求のこと。消費者が商品やサービスを選ぶ際に感じる「約束された価値」であり、ブランドや企業にとってはその商品を選択してもらうために揃えた説得要素である。機能的な根拠であることが多い。

消費者が商品を選ぶ際、消費者が抱える課題を解決する多くの商品の中から選択することになる。その際、「この商品は○○を多く含んでいるから」「○○で生産された素材を使っているから」「○○%の顧客が効果を実感したから」「これだけの導入実績があるから」といった理由や根拠を元に比較する。そのようなざまざまな理由や根拠がRTBである。

このRTBをもとに、ブランドや企業はタグラインやコピーなどのマーケティングメッセージを構築する。

QA (Quality Assurance, 品質保証)

製造業やシステム・ソフトウェア開発におけるQAとは、「Quality Assurance」の略で、製品や開発物の品質全体を保証し向上させる一連の活動のこと、およびそれに携わる人のこと。「品質保証」。

製品やシステム、ソフトウェアの性能や機能が期待される品質基準を満たしているかを評価するものである。企業や製品によって領域が異なることがあり、企画段階から関与する場合や長期的継続的な品質向上の役割を担うこともある。

日本産業規格(JIS)や電気用品安全法(PSE)といった日本国内の規格やISO9000シリーズなどの国際規格をはじめ、さまざまな規格の中から適切なものを元に品質を評価していく。

QAに携わる職種を「QAエンジニア」、QAに関するソフトウェアテストを「QAテスト」と呼ぶ。職種に関しては業界や企業によって異なったり役割が細分化されていることがあり、「テストエンジニア」「テストセンターマネージャー」といった職種がその役割を担うことがある。

企画段階からもしくは納品後も継続的に品質向上に関わる「QA(品質保証)」に対して、製造の一工程もしくは納品までの品質を評価管理する活動を「QC (Quality Control, 品質管理)」という。