トグル(トグルボタン)

トグル(toggle)もしくはトグルボタン(toggle button)とは、もともとは止め釘あるいはダッフルコートの棒状のボタンを表す英単語だが、UIデザインの領域では一つのスイッチでオン・オフなど2つの状態の切り替え操作ができるボタンのことを指す。電化製品などの機器、Webサイトやアプリなどで用いられる。「トグルスイッチ」とも呼ぶ。

一つのボタンを操作するたびに、「オン、オフ」「有効、無効」「再生、停止(一時停止)」など2つの状態(あるいは複数の状態)を交互に切り替えられる。トグルそのものがアクションを実行する場合もあるが、選択の目的で利用されることもある。

続きを読む

複合カフェ

複合カフェとは、漫画喫茶やインターネットカフェをはじめ、多様なゲームやアミューズメント、レクリエーションを提供するカフェのこと。

喫茶店が書店並みに漫画本や雑誌を取りそろえることから発展した漫画喫茶を由来とするものや、インターネットに接続できるパソコンを利用できるカフェ、カラオケをしながら食事を楽しめるところなどが、時代とともに興隆し始めた。その後、各社による差別化や、家庭や個人へのインターネット回線の普及もあり、ダーツやビリヤード、カラオケ、ゲーム機器などを利用できるスペースを併設するもの、シャワーや仮眠施設を完備するカフェ、コワーキングでのビジネス利用を想定したものなど、サービスの複合化が進んでいる。

大手チェーン店の多くは24時間営業しており、充実したフードメニューやドリンクバーも提供するなどで、長時間滞在する利用者も見られる。

ゼロレーティング

ゼロレーティング(zero rating)とは、従量課金制のモバイル通信サービスにおいて、特定のアプリやサービスでのデータ通信量をカウントから除外し、その利用分の料金を無料とするサービスのこと。動画サービスやSNSなど、人気のあるサービスやコンテンツの通信料金を無料にすることで、 携帯電話事業者やコンテンツプロバイダーはそれを差別化要因として契約者を多く集めることができる。提供者によって「カウントフリー」「データフリー」とも呼ばれる。

ゼロレーティングサービスには、ユーザーの支払う通信料金を安くできるメリットがある一方で、「通信の秘密」「ネットワーク中立性」の侵害の可能性という課題がある。国によっては規制を設けたり、法整備に向けた議論を進めてたりしている。

  • 事業者やプロバイダーはユーザーのデータ通信内容を把握する必要があり、憲法や法律で守られている「通信の秘密」を侵害する可能性
  • 対象のサービスのみが優遇され、カウント除外の対象から外れたサービスが非合理に不公平となり、「ネットワーク中立性」を阻害する可能性

ナッジ

ナッジ(nudge)とは、強制や金銭的インセンティブなどによってではなく、自発的に特定の行動を促す手法や仕掛けのこと、あるいはその理論のこと。

行動科学の知見に基づき、人々が社会的に、環境的に、あるいは自身の健康や人生にとってより良い行動を自発的に選択するよう促すことができる。合理的で正しい行動を取れずに困っている人を助けるために用いるべきものである。

ナッジは、もともとは「軽くつつく、背中を押す」といった意味の英語である。

ナッジにはさまざまなものがあるが、以下のような例が挙げられる。

  • 男性小便器にハエの絵を描くことで床の汚れが減り、清掃費用を削減できる
  • 臓器移植への同意の選択を標準で「同意する」にすることで、同意を得られやすい
  • 整列してもらうために、床に線や足跡があれば人は立ち止まりやすい
  • 複数の選択肢から選んでもらうのではなく、あらかじめ標準で一つ選択しておくことで、行動しやすい

アメリカの行動経済学者リチャード・セイラーと行動経済学者で法学者でもあるキャス・サンスティーンが、2003年に論文で提唱し、行動経済学の領域で注目を集めた。後に、リチャード・セイラーはナッジの活用に関する業績で2017年にノーベル経済学賞を受賞している。

国の公共政策やNPOの取り組みをはじめ、幅広い分野での社会課題への解決策として応用が進められている。

続きを読む

現状維持バイアス

現状維持バイアスとは、変化や未知のものを避けて現状維持を望む心理作用のこと。現状から未経験のものへの変化を「安定の損失」と認識し、現在の状況に固執してしまうこと。

提示された変化にメリットとデメリットがある際、現状得られている利益よりも変化による損失から得る苦痛の方が大きいと判断し、非合理的な選択をする傾向がある。これは、行動経済学のプロスペクト理論の損失回避性が働きかけているからとされる。

自分の所有するものに高い価値を感じ、それを手放すことに強い抵抗を感じる「保有効果」と類似している。

ミニアプリ

ミニアプリ(Mini App)とは、プラットフォームの位置づけのスマートフォンアプリの中で起動する、特定の機能に特化したアプリのこと。

通常のアプリのようにアプリストアからダウンロードする必要がなく、ユーザーが既に日常的に利用しているプラットフォーム的なアプリの中で各種機能を利用できる。ユーザーはミニアプリ向けに別途個人情報を登録する必要なく、ミニアプリで申込や支払いができるといったメリットもある。

ミニアプリは、LINEやFacebookなどのメッセンジャーアプリ、PayPayやd払いといったスマホ決済アプリの中で提供されるケースが多い。ミニアプリの機能にメッセージによる会話やチャットボットを組み込んだり、ミニアプリでの決済をプラットフォーム側のアプリで行うなど、ユーザーにとって利便性が高い。

プラットフォーム側のアプリは、各種ミニアプリの機能をシームレスに利用できる統合アプリ「スーパーアプリ」として立ち回れる。一方で、プラットフォーム側のアプリが複雑化していくといった課題もある。

フライトシェイム(飛び恥)

フライトシェイム(Flight Shame, Flight Shaming, Flying Shame)とは、CO2(二酸化炭素)をはじめとする温室効果ガスの排出量の大きい飛行機の利用を避けて、鉄道など他の移動手段を選んだり勧めたりすること、あるいはそのような反フライト運動のこと。

温室効果ガスの排出量増加による地球環境への負荷が注目を集める中、地球環境破壊に加担する飛行機に乗ることは恥であり、環境問題への無関心さの表明であると捉えたものである。

2018年、スウェーデンで熱波と森林火災をきっかけに気候変動への関心が高まり、「Flygskam(飛ぶのは恥)」「Tågskryt(鉄道自慢)」という新語が生まれた。注目を集めていたスウェーデンの環境保護活動家、グレタ・トゥーンベリ氏も交通手段として飛行機を回避していることもあり、2019年頃よりヨーロッパから世界中に広まった。日本語で「飛び恥」と表現するメディアもある。

飛行機によるCO2排出量は全世界のCO2排出量の3%を占め、乗客の増加とともに増え続けるとされる。

差別価格

差別価格とは、売り手である企業が同じ商品に対して複数設定した価格のこと。特別な顧客には有利な価格で販売したり、時間や季節で価格を変えて販売したりすることで、市場を細分化したり、変化する環境に適応できる。

差別価格には、以下のような種類がある。

  • 顧客による差別価格(会員価格、お得意様価格、紹介割引、法人価格)
  • 購入数量による差別価格(2個買えば3個目を無料 [Buy 2 Get 1])
  • 地域による差別価格(北海道限定価格、工場直売価格)
  • 時間や季節による差別価格(深夜価格、タイムセール、ハッピーアワー、季節料金)
  • 用途による差別価格(贈答用価格、食事の人のセットドリンク価格)

より需要と供給に合わせて価格を動的に変動させるものを、ダイナミックプライシング(価格変動制)という。