As-Is (現在の状態)

As-Isとは、「そのままの」「現状どおりの」を意味する英語で、ビジネス領域では現在の状態を表すものとして用いられる。「As Is」「AsIs」といった表記や小文字の表記もある。読みは「アズイズ」。

計画や課題解決の場面で、現状把握として定義する際に用いられる。現在の状態である「As-Is」に対して、理想の状態を英語で「~となる予定の」「将来の」を意味する「To-Be」で表す。「As-Is」と「To-Be」の間のギャップが課題に該当する。

To-Be (理想の状態)

To-Beとは、「~となる予定の」「将来(の)」を意味する英語で、ビジネス領域では将来の理想の状態を表すものとして用いられる。「To Be」「ToBe」といった表記や小文字の表記もある。読みは「トゥービー」。

計画や課題解決の場面で、理想の状態や目標を定義する際に用いられる。理想の状態である「To-Be」に対して、現在の状態を英語で「そのままの、現状どおりの」を意味する「As-Is」で表す。「To-Be」と「As-Is」の間のギャップが課題に該当する。

N/A (該当なし, 無効)

N/Aとは、「該当なし」「適用なし」を意味する英語「not applicable」、もしくは「無効」「利用不可」を意味する英語「not available」の略語である。質問に対する回答がない場合や該当するデータがない場合、あるいは該当の項目を提供できない場合、未定である場合などに用いられる。

書類などの記入欄や表において、空欄のままでは記入漏れなのか「該当しない」「回答なし」なのかを判別できないため、明示的に「無い」ことを示すために記される。

ロバストネス原則(ポステルの法則)

ロバストネス原則(robustness principle)とは、「あなたがすることは厳密に、あなたが他人から受けることには寛容に (be conservative in what you do, be liberal in what you accept from others.)」というシステムやソフトウェアの開発における考え方、開発指針のこと。「送信は厳密に、受信は寛容に」とも言い換えられる。「堅牢性原則」。

他のシステムとの間で通信を行う際、処理し送信する側は厳格なデータの仕様に準拠するべきだが、利用するユーザー側には入力データの多様性を許容して使い勝手を損なわないようにするべきである、というものである。

アメリカのコンピューター科学者でインターネットの創始者の1人であるジョン・ポステル(Jonathan Bruce Postel)が初期のTCPを規定したRFC 793において示した一節であり、それが一般化され知られるようになったものである。ジョン・ポステルにちなんで「ポステルの法則 (Postel’s law)」とも呼ばれる。

コンウェイの法則

コンウェイの法則(Conway’s law)とは、組織がシステム開発を行う際、その組織のコミュニケーション構造と同じ構造の設計を行ってしまうという法則のこと。1967年にアメリカのコンピュータープログラマーのメルヴィン・コンウェイ(Melvin Edward Conway)が提唱した。

システムやソフトウェアの開発には組織やメンバー間のコミュニケーションが不可欠である。組織の境界によってその関係性が阻害されていればコミュニケーションは阻まれ、統合されたシステムの開発は難しくなる。そのため、システムの構造は組織構造に依存したものになるというものである。コンウェイはほとんどの技術領域において当てはまるとしている。

システムやソフトウェアの開発においてはアーキテクチャと整合性の取れた組織構造や円滑なコミュニケーション構造が求められ、そうでなければ構造上の欠陥を生むリスクを負うことになる。

バクロニム

バクロニム(backronym, bacronym)とは、既に知られた一般的な言葉に対して後付けで意図的に作られた頭字語、略語のこと。「back (後)」と「acronym (アクロニム)」を合わせた混成語、かばん語である。

一般的な言葉や特に意味のない単語に対して後から意味を持たせたり、もともと複数の単語の頭文字をつなげて作られた略語「頭字語(アクロニムイニシャリズム)」の内容を後から変更したりするものがある。以下のような例がある。

  • SOS:遭難信号であるSOSは、本来はシンプルで送信しやすいモールス信号(3つのドット、3つのダッシュ、3つのドット)というだけで意味を持たないが、「save our ship (souls)」の略称とされることがある
  • DVD:記録媒体であるDVDは、当初は「digital video disc」の略称として名付けられるも、マルチメディア用途の柔軟性を強調すべきという各社の意見から「digital versatile disc」の候補が挙げられるが、正式名称は単なる固有名詞「DVD」であり、略称ではない
  • RIP:欧米の墓に刻まれる表現RIP(R.I.P.)はラテン語「requiescat in pace (安らかに眠れ)」の略称であり、「rest in peace」はバクロニムである

「既に知られた一般的な名詞などと同じ綴りになるように命名されたアクロニム」は必ずしもバクロニムではない。

イニシャリズム

イニシャリズム(initialism)とは、複数の単語で構成される合成語の頭文字をつなげて作られた略語「頭字語」のうち、略語のアルファベット1文字ずつをそのままアルファベットとして読むもの。略語を単語として素直な読み方をするのではなく、アルファベット1文字ずつをそのまま発音する頭字語のことである。

例えば世界保健機関「World Health Organization」の略称は「WHO」だが、アルファベット1文字ずつそのまま「ダブリュー・エイチ・オー」と発音し、イニシャリズムに該当する。

類似する頭字語にアクロニム(acronym)がある。アクロニムは略語を一つの単語のような読み方で発音するものが該当する。例えばアジア太平洋経済協力「Asia-Pacific Economic Cooperation」の略称は「APAC」だが、「エイパック」と発音し、アクロニムに該当する。

略語によってはアクロニムとイニシャリズムのどちらにも該当する場合もある。「できるだけ早く」を意味する英語「as soon as possible」の略語は「ASAP」だが、「エー・エス・エー・ピー」と「アサップ(エイサップ)」のいずれの発音も使用され、アクロニムとイニシャリズムのどちらともいえる。

アクロニム

アクロニム(acronym)とは、複数の単語で構成される合成語の頭文字をつなげて作られた略語「頭字語」のうち、その頭字語を一つの単語のような読み方で発音するもの。アルファベット1文字ずつをそのまま読むのではなく、略語を単語として素直な読み方をした頭字語のことである。

例えばアジア太平洋経済協力「Asia-Pacific Economic Cooperation」の略称は「APAC」だが、「エイパック」と発音し、アクロニムに該当する。

類似する頭字語にイニシャリズム(initialism)がある。イニシャリズムは略語のアルファベット1文字ずつをそのままアルファベットとして読むものが該当する。例えば世界保健機関「World Health Organization」の略称は「WHO」だが、アルファベット1文字ずつそのまま「ダブリュー・エイチ・オー」と発音し、イニシャリズムに該当する。

略語によってはアクロニムとイニシャリズムのどちらにも該当する場合もある。「できるだけ早く」を意味する英語「as soon as possible」の略語は「ASAP」だが、「エー・エス・エー・ピー」と「アサップ(エイサップ)」のいずれの発音も使用され、アクロニムとイニシャリズムのどちらともいえる。

リクープ

リクープ(recoup)とは、「取り戻す、回収する」「償う」を意味する英語である。ビジネス領域においては「損失を取り戻す」「投資費用などを回収する」などのように、ミスなどによる損失や初期投資、まとまった支出をなんとか別の手段で穴埋めするなど取り戻して相殺することに対して用いられる。

必ずしも金額として差し引きゼロにならなくても、損失や費用に見合う別の結果を得るケースも含まれる。その意味においては同じくビジネス用語の「ペイする」と類似する。

プチプラ

プチプラとは、「プチプライス」の略称で、「値段が安い」を意味する用語。フランス語で「小さい」を意味する「プチ (petit)」と英語の価格「プライス (price)」を組み合わせた和製英語の略語である。

主に化粧品や女性向けファッション、小物、雑貨などに対して用いられる。単に値段が安いだけでなく、「おしゃれ」「かわいい」「品質、コスパがいい」といった価値を表す意味を包含している。2010年代頃から若い女性を中心に使用されるようになり、おしゃれな100円ショップの商品の増加などもあって広く普及した。

「プチプラコスメ」「プチプラファッション」「プチプラコーデ」「プチプラ雑貨(グッズ、アイテム)」など、他の用語と組み合わせて用いることもある。