ナッジ

ナッジ(nudge)とは、強制や金銭的インセンティブなどによってではなく、自発的に特定の行動を促す手法や仕掛けのこと、あるいはその理論のこと。

行動科学の知見に基づき、人々が社会的に、環境的に、あるいは自身の健康や人生にとってより良い行動を自発的に選択するよう促すことができる。合理的で正しい行動を取れずに困っている人を助けるために用いるべきものである。

ナッジは、もともとは「軽くつつく、背中を押す」といった意味の英語である。

ナッジにはさまざまなものがあるが、以下のような例が挙げられる。

  • 男性小便器にハエの絵を描くことで床の汚れが減り、清掃費用を削減できる
  • 臓器移植への同意の選択を標準で「同意する」にすることで、同意を得られやすい
  • 整列してもらうために、床に線や足跡があれば人は立ち止まりやすい
  • 複数の選択肢から選んでもらうのではなく、あらかじめ標準で一つ選択しておくことで、行動しやすい

アメリカの行動経済学者リチャード・セイラーと行動経済学者で法学者でもあるキャス・サンスティーンが、2003年に論文で提唱し、行動経済学の領域で注目を集めた。後に、リチャード・セイラーはナッジの活用に関する業績で2017年にノーベル経済学賞を受賞している。

国の公共政策やNPOの取り組みをはじめ、幅広い分野での社会課題への解決策として応用が進められている。


実践 行動経済学
リチャード・セイラー (著), キャス・サンスティーン (著)
アマゾンで詳しく見る


行動経済学の逆襲
リチャード・セイラー (著)
アマゾンで詳しく見る