トップ・オブ・マインド

トップ・オブ・マインドとは、ブランド認知率などの調査の際に「このような製品やサービスで、頭に思い浮かぶブランド名を挙げてください」というブランド再生(純粋想起)で、最初に挙がるブランド名のこと。第一想起。

正しくは「Top of Mind Awareness」だが、英語でも日本語でも「トップ・オブ・マインド(Top of Mind)」と略されることが多い。

各ブランドの純粋想起率助成想起率を算出し、マインドシェア(ブランドの占有率)を調査する分析をトップ・オブ・マインド分析という。横軸に純粋想起率、縦軸に助成想起率をとり、リーダー、レガシー、ニッチ、マイノリティーの4象限にポジショニング分類させる。