デジタルツイン

デジタルツイン(digital twin)とは、現実空間にあるさまざまな情報をIoTを介して収集し、仮想空間上に再現する技術のこと。再現したデジタルツインを元に、データ分析や未来予測など限りなく現実空間と近い環境下でのシミュレーションを可能にする。デジタル環境にそっくりにコピーした「デジタルの双子」の意味でそう称される。

仮想空間でのシミュレーションであれば、物理的、環境的、時間的な制約を受けずに低コストかつ短期間で実施できる。リアルタイムでのデータ収集も可能でさまざまな条件で試行錯誤を重ねることができ、結果を現実空間へフィードバックすることにより将来起こりうる変化に事前に備えることができる。

デジタルツインの概念そのものは古くからあり、1960年代に米国国家航空宇宙局(NASA)が開発しアポロ計画で用いられた「ペアリングテクノロジー」が最初とされる。

created by Rinker
日経BP
¥3,080 (2024/06/18 11:37:46時点 Amazon調べ-詳細)