バッファ

バッファとは、もともとは「物の間に入って衝撃などを吸収、緩衝するもの」や「データを一時的に溜めておくデータ領域」などを意味する。

加えて、日本のビジネス領域で用いられるビジネス用語として「予備、余裕、余白」の意味もある。「余裕を持たせる」というニュアンスで、「バッファを見たスケジュール」「バッファをもった見積もり金額」など、時間や金額、工数、準備物といった側面で用いられることが多い。