スキーム

スキームとは、元々の英語「scheme」では「陰謀、悪だくみ」「計画、構想」といったネガティブなニュアンスもある意味だが、日本のビジネス領域で用いられるビジネス用語としては「計画の枠組み、仕組み」「枠組みを持った計画」といった意味で用いられる。

企業や政府による、一定規模のプロジェクトの計画や事業構想などに対して「スキーム」という用語が使用されることが多い。ビジネスモデルの計画としての「事業スキーム」、資産運用の流れを図解した「運用スキーム」、ユーザーからのサービス利用料の徴収の仕組み「課金スキーム」といった用いられ方がある。

類似の表現として、プロジェクトの構成や仕組み、仕様の意味の「建て付け(たてつけ)」という日本特有のビジネス用語もある。