建て付け

建て付け(たてつけ)とは、元々は建築用語で、扉や戸、障子、ふすまなどが建物に収まっている様子のこと、収まり具合。

加えて、日本のビジネス領域で用いられるビジネス用語として、組織もしくはプロジェクトの構成や仕組み、仕様、枠組みという意味でも用いられる。

「計画の枠組み、仕組み」といった意味のビジネス用語「スキーム」と似た表現だが、「スキーム」はまだその状態ではない「計画」のニュアンスを含むことがあり、一方で「建て付け」は「既存」の仕様や仕組みのニュアンスを含む。ただしその境界はあいまいで、「建て付け」を計画の仕様、仕組みという意味で用いられることもあるようだ。

また、組織やプロジェクトのメンバー構成という意味では「座組み」と同義である。

表記は「立て付け」ではなく、「建て付け」である。