シュリンクする

「シュリンクする」とは、英語で「縮む、縮小する、圧縮する」などを意味する「shrink」に由来する言葉で、物事やプロジェクトの規模が縮小したことを表す日本のビジネス用語である。市場規模が縮小したり、業界において地位などが低迷した様子を表したりする際に用いる。

対義語として、プロジェクトの規模が拡大することを日本のビジネススラングで「スケールする」と呼ぶ。

「シュリンク」は他にも、物流の領域においては透明フィルムによる商品のパッケージ方法を「シュリンク包装」と呼んだり、IT業界においては部品や基板などの小型化もシュリンクと呼ばれる。