スケールメリット

スケールメリットとは、物事やプロジェクトの規模を拡大することで得られる効果や利益のこと。和製英語である。

「規模の大小により有利、不利が生じる状況」を意味する経済用語「規模の経済性(economies of scale)」「規模の優位性」の一側面と同義。

事業やプロジェクトの規模を大きくすることで、より安いコストで効率的に生産、流通できるといった効果が生まれ、経済性を上げることができるというもの。