プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント (PPM)

プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(product portfolio matrix (PPM), Boston matrix, growth share matrix)とは、企業戦略において、どの事業領域に自社の経営資源を最適に分配すれば良いのかを判断するための考え方、フレームワークのこと。市場成長率と相対的市場シェアを軸に、製品や事業、戦略事業単位(SBU)の位置づけを判断し、経営に反映していくというものである。

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)が1970年代に開発した。「Boston matrix」「BCG matrix」とも呼ばれる。

問題児、花形、金のなる木、負け犬

プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント (PPM)

プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントは、縦軸に市場成長率を、横軸に事業の相対的市場シェアを対数目盛で表し、この2軸の上にSBUをプロットしていく。SBUは、以下の4象限に分けられる。

  • 問題児 (Problem Children / Question Marks)
  • 花形 (Stars)
  • 金のなる木 (Cash Cows)
  • 負け犬 (Dogs)

問題児 (Problem Children / Question Marks)

「問題児」は、市場成長性は高いものの、市場シェアを拡大するために投資が必要となるSBUのことである。将来、「花形」に育つ可能性を持つ。プロダクトライフサイクルの導入期から成長期に属する。

花形 (Stars)

「花形」は、市場シェアが高く大きな収益を生み出すが、市場の成長率も高いため競合が多く、設備投資や販促など追加の投資も必要となるSBUのことである。プロダクトライフサイクルの導入期から成長期に属する。

金のなる木 (Cash Cows)

「金のなる木」とは、市場シェアが高く安定した収益源となるSBUである。市場も成熟しており追加の投資はあまり必要でなく、収益を回収、収穫するSBUである。プロダクトライフサイクルの成熟期から衰退期に属する。

負け犬 (Dogs)

「負け犬」とは、すでに市場は成熟し、市場シェアも獲得できなかったSBUである。今後の収益の拡大が見込めず、撤退の検討が必要となる。プロダクトライフサイクルの成熟期から衰退期に属する。