プロダクトライフサイクル (PLC)

プロダクトライフサイクル(Product Life Cycle, PLC)とは、製品が市場に投入されてから衰退するまでの過程を生物の一生に例えて表したものである。「導入期」「成長期」「成熟期」「衰退期」の4つの段階で構成され、各成長段階に合わせたマーケティングが行われているかの確認や数年後の予測などに用いられる。「製品ライフサイクル」。

プロダクトライフサイクル

導入期

導入期は、製品が市場に投入された段階、あるいは製品により新しい市場が創出された段階である。初期の段階であり、広告宣伝を通じて製品の価値を認知させる必要がある時期である。

成長期

成長期は、認知が広まり製品が市場に一気に広まる段階、あるいは創出された市場が急速に拡大する段階である。類似の競合製品が増加するため、付加価値で差別化を行う必要がある時期である。

成熟期

成熟期は、市場の拡大が落ち着く段階である。需要は安定するため利益を生みやすいが、競合や類似製品が多く、価格競争も起きやすい。その中でいかにシェアを獲得するかが重要な時期である。

衰退期

衰退期は、製品が市場に広く浸透したために需要が減少していく時期である。売上も利益も減少に向かい、撤退か新たな創造かの戦略の転換が求められる時期である。