プロセスエコノミー

プロセスエコノミーとは、商品や成果物といったコンテンツのアウトプットの価値だけでなく、その製作の過程や途中段階といったプロセスにも経済的な価値があるとする考え方のこと。2020年に実業家で投資家の古川健介氏(けんすう)が提唱した。

アウトプットである商品や成果物に価値を置く経済は一定の高い水準に達していることが多く、その品質や価格などでの差別化が難しくなっている。その中で製作過程や途中段階を消費者に共有することでストーリーやコミュニケーションに新たな価値が生まれ、そのプロセスそのものもビジネスになる可能性を持っている、というものである。

「プロセス・エコノミー」が来そうな予感です|けんすう

created by Rinker
¥1,485 (2024/05/26 20:52:54時点 Amazon調べ-詳細)