クリエイターエコノミー

クリエーターエコノミー(creator economy)とは、クリエイターが個人の発信や創作物、コンテンツ、スキルなどによって収益化を行う経済圏のこと。

クリエイターとは、高度な技術や才能を持った芸術家というわけではなく、あらゆるレベルの創作活動や技術を持つ人のことで、デザイナーやイラストレーター、ライター、カメラマン、YouTuber、ブロガー、インフルエンサーをはじめ、さまざまな人が該当する。必ずしもその技術やスキルのレベルを問われるわけではない。

高速インターネット回線の普及、YouTubeやInstagram、TikTokをはじめとしたソーシャルメディアやコンテンツプラットフォームの進化と普及に伴い、2005年頃の「Web2.0」以降、さまざまなクリエイターが自身の発信や創作物、コンテンツをUGCとして世界中に公開し、届けることができるようになった。加えてその後、さまざまな課金プラットフォームや収益化の仕組みが整備され、クリエイターが発信や創作物を収益化、マネタイズできるようになり、クリエーターエコノミーが形成されるようになった。