Vlog(ブイログ)

Vlog(ブイログ、Vログ)とは、文章の代わりに映像や動画を用いて公開されるブログのこと。動画版ブログ。「video blog」から生まれた言葉で、小文字表記の「vlog」も一般的である。YouTubeやInstagramなどをプラットフォームに利用する人が多い。読みは日本では「ブイログ」がほとんどである(英語の発音は「vlɒɡ」あるいは「viːlɒɡ」)。

ブログの概念が登場した2000年代初頭の数年後には「Vlog」は登場しているが、当時は大きな潮流にはならなかった。その後、2010年以降のスマートフォンとブロードバンド回線の普及、およびYouTuber(ユーチューバー)の流行に伴い、再び海外でこの言葉が用いられるようになった。日本では2018年頃から注目を集めている。

日記のようにその日の出来事を動画にまとめたものや、日常の一部を切り取り毎日の習慣としてまとめた「ルーティン」、自分の部屋を紹介する「ルームツアー」といった動画が人気である。

Vlogger(ブイロガー)

Vlogを更新する人を「Vlogger(ブイロガー)」と呼ぶ。YouTuberと比べてVloggerは、より普段の日常を綴るといった意識が強かったり、字幕だけのシンプルな編集で発信したりしていることもある。

VlogとYouTuber動画の違い

VlogとYouTuber動画の境界は曖昧であるが、以下のような特徴の違いが見られる。

Vlogは「動画版ブログ」であり、その人の日常を切り取ったものが多い。そのため必ずしも動画内にハイライトやオチ、盛り上がるシーンを含むわけではなく、淡々と進行する。Vloggerの顔も映らなかったり、しゃべらずに字幕で展開したりすることもある。抑えた演出とシンプルな見せ方、落ち着いたトーンの動画が多い。「Vloggerとその世界観」が魅力を集める。

一方YouTuberによる動画は、よりエンターテイメント色が強く、「やってみた」などの非日常のトピック、特技や趣味の披露など、企画を軸にして進行する「バラエティ番組」のようなものが多い。YouTuberも個性を立たせて芸能人的な立ち振る舞いをし、ややオーバーな演出で「YouTuberの個性と企画」を魅せている。