POV方式

POVとは、「point of view」の略で、視点や観点、見方といった意味だが、映像や撮影の領域では一人称視点で撮影する「主観ショット」「視点撮影」のことを指す。カメラの視線と登場人物の視線が一致した撮影手法のこと。「POV方式」「POV撮影」「POVショット(point-of-view shot)」ともいう。読みは「ピーオーブイ」。

第三者視点ではなく、視聴者が登場人物の見る世界を疑似体験でき、まるで現場にいるような臨場感あふれる演出効果を持つ。映画やドキュメンタリーなどで用いられるほか、小型のアクションカメラの普及でYouTuberによる動画やVlog(ブイログ)などでも用いられる。

類似の表現として、ゲームの領域では、プレイヤーが主人公の視点でゲーム内の世界を自由に移動できるアクションシューティングゲームのことを「FPS(First-Person Shooter)」と呼ぶ。