ジェットカット(ジャンプカット)

ジェットカットとは、発言や会話の「えー」や無音部分などの不要な「間」を細かくカットしてつなぎ合わせる動画や映像の編集技法のこと。発言の趣旨をできるだけ変更することなく、経過時間を縮めて短く編集できる。

動画クリエイターでYouTuberのジェットダイスケこと愛場大介氏が提唱した動画編集技法として「ジェットカット」の名称で普及している。同一構図の同一被写体の途中の動作をカットする「ジャンプカット(jump cut)」と呼ばれる映像編集技法の一種で、古くから映画などで見られる。放映時間に制約の多いテレビなどでのインタビュー映像でも用いられる。

ジェットダイスケ氏が、時代のフォーマットや文化に合ったYouTubeなどインターネット動画の適切な編集方法の一つとして提唱し、多くのYouTuberの動画に広く普及させたと言える。インターネット動画では、余分な余白をなくしてテンポ良く見せることができ、視聴者の途中の離脱を減らすといったメリットがある。