スラッシュワーカー(スラッシャー)

スラッシュワーカー(slash worker)、あるいはスラッシャー(slasher, career slasher)とは、複数の仕事や活動を掛け持ちして、多様な分野やスキルにまたがるキャリアを築く「スラッシュキャリア」の考え方の人のこと。SNSアカウントなどでのプロフィール紹介にて、肩書きやスキルを記号のスラッシュ「/」で区切って表現するところに由来する。

従来の働き方にとらわれず、一見バラバラで関連性のない仕事やスキルも掛け合わせてキャリアを形成していくというもの。特定の仕事を本業と決めずにいずれにも同じような熱量で取り組み、行動と経験を重ねながら自分にふさわしい仕事を選択し、それまでの経験も生かしていく。

不安定な時代に社会人になり、多様性と個人主義を尊重するミレニアル世代が多く関心を持つ。本業を特定しない中で新しい価値観を生み出そうとしている点が、パラレルキャリアのパラレルワーカーとはやや異なる。

「兼業」や「副業」と類似するが、パラレルキャリアと同様に単なる収入獲得のみを目的とはしていない。

スラッシュキャリア」はMarci Alboher氏が2007年の著書『One person/Multiple Careers』で定義した。


One Person/Multiple Careers: a new model for work/life success
Marci Alboher (著)
アマゾンで詳しく見る