パラレルキャリア

パラレルキャリア(parallel career)とは、本業を持ちながら第二のキャリアを築くこと。現在の主たる仕事に加えて別の仕事や活動を行い、そこでの新たな仕事の関わりや技術の習得、従来と異なる価値観の獲得をしていくこと。このようなキャリアの人を「パラレルワーカー(parallel worker)」と呼ぶ。

組織よりも人の人生の方が長くなったため、人は特定の組織に頼らずに別のもう一つの人生も始めた方が理にかなったものであるという考え方である。経済学者のピーター・ドラッカーが1999年の書籍『明日を支配するもの』にて、これからの社会における働き方として提唱した。

「兼業」や「副業」と類似するが、単なる収入獲得のみを目的とはしていない。

近年では、「スラッシュキャリア」のように本業を特定せずに複数のキャリアを同時に進める生き方も、類似の視点として注目されている。


明日を支配するもの―21世紀のマネジメント革命
P.F. ドラッカー (著)
アマゾンで詳しく見る