IT企業

IT企業(IT company)とは、コンピュータを基盤とした「情報技術(information technology, IT)」の領域を扱う企業のこと。情報システム、アプリケーションソフトウェア、ハードウェアの開発や研究、デザイン、導入やサポート、運用などを行う企業のことである。

一般的にはソフトウェア開発、ハードウェア開発やシステム開発、情報処理サービスを事業の中心とする企業のことである。中心となる職種はシステムエンジニアやプログラマー、企業へのITシステムの導入支援を進めるITコンサルタントなどである。

インターネットをはじめとした通信技術の領域を必ずしも含まない。しかし、1995年以降のインターネットの普及に伴って情報技術が高速に進化し、「IT革命」などと「IT」が一般的な用語として広まったこともあり、「インターネット関連企業」の意味合いで用いられることもあるが、本来の意味ではない。例えばインターネット広告やWebマーケティングの事業は本質的には広告やマーケティングの領域であり、Webサービスの事業も各サービスを提供するために情報技術を基盤にしているにすぎない。

テレビをはじめとしたマスメディアのエンターテイメント領域や、一般の人の会話で用いられる「IT企業」「IT業界」は、多くは「(華やかで少し浮ついたような)インターネット関連企業」のニュアンスを含む。そのような一般的な認知が広まり、加えてインターネット関連企業も「IT企業」とくくられることを積極的に否定しないため、結果的に「インターネット関連企業」の意味も含んでいる状態である。

そのため、一般的な印象やイメージは華やかで少し浮ついたようなものだが、システムエンジニアやプログラマー、ITコンサルタントの業務の実態は華やかでも浮ついた感じもなく、どちらかといえば堅実で落ち着いたものが中心となる。