API

APIとは、Application Programming Interfaceの略で、ソフトウェアやアプリケーションの機能を外部から利用できるようにした仕組みやルールのこと。ソフトウェア同士をつなぐインターフェース、仕様、通信ルールのことである。

ソフトウェアの提供元がAPIを提供することで、第三者の利用者側のソフトウェアのエンジニアは関連ソフトウェアの機能を最初から開発する必要がなく、少ない労力で開発したり、通信による各種データの取り込みなどを行うことができる。

現在はWebサービスも多様な機能をAPIとして公開しており(Web API)、地図情報や気象情報、交通情報、各種コンテンツデータなど、さまざまなAPIがある。