Cookie(クッキー)

Cookie(クッキー)とは、ユーザーがWebサイトにアクセスしたときに、Webサーバーからブラウザー経由でユーザーの端末内に保存される小さなテキストデータ、もしくはファイルのこと。ブラウザー単位で保存される。正式には「HTTP Cookie」。

ユーザーの表示環境やログイン情報、Webサイトの設定や訪問履歴、ECサイトでのカート情報などを一定期間保存することで、ユーザーが再訪問した際などに操作性やユーザービリティが向上する。

ユーザーのインターネット利用時の利便性を向上するほか、アクセス解析や、ユーザーの閲覧やクリックといった行動履歴を元にした広告配信のターゲティングなどにも利用される。

Cookieの起源と由来

Cookieは、1994年にNetscape Communications Corporation社のエンジニアLou Montulliによって開発された。その後1997年に標準化され、多くのWebサーバーやブラウザーで利用できるようになった。

古くから、通信時にコンピューター間で受け渡されるデータのトークンまたは短いパケットのことを「マジッククッキー(magic cookie)」と呼ぶが、メッセージの書かれた小さな紙を中に入れた焼き菓子「フォーチュンクッキー(fortune cookie)」が由来であるとされる。

Cookieの種類

Cookieには、ファーストパーティCookieとサードパーティCookieの2種類がある。

ファーストパーティCookie

ファーストパーティCookie(1st Party Cookie)とは、ユーザーが訪問しているWebサイトのドメインから発行されるCookieのこと。そのドメイン内でのみユーザーの情報を取得して保存できる。

ユーザーの表示環境やログイン情報、Webサイトの設定や訪問履歴、ECサイトでのカート情報などを一定期間保存するのは、主にファーストパーティCookieによるものである。

サードパーティCookie

サードパーティCookie(3rd Party Cookie)とは、ユーザーが訪問しているWebサイトのドメイン以外から発行されるCookieのこと。複数のドメインを横断してユーザーの情報を取得して保存、共有できる。

ユーザーの閲覧やクリックといった行動履歴を元にした広告配信のターゲティングなどに用いられるのは、主にサードパーティCookieによるものである。複数のWebサイトにまたがってユーザーの興味関心や行動を計測収集し、それに基づいた広告(リターゲティング広告など)の配信などに用いられる。

ITPなどによるCookieへの影響

Apple社のブラウザーSafariに搭載されたプライバシーとセキュリティ保護の機能「ITP (Intelligent Tracking Prevention)」は、複数のドメインを横断して情報収集し追跡するクロスサイトトラッキングを制限する。そのため、クロスサイトトラッキングが可能と分類されたドメインのCookieは、サイトにアクセスするとSafariのITP機能によって分割され、サードパーティCookieとして利用できなくなる。

Googleも、2020年にブラウザChromeでの計測収集用サードパーティCookieのサポートを2年以内に打ち切ると発表している。