ITP (Intelligent Tracking Prevention)

ITP(Intelligent Tracking Prevention)とは、Apple社のブラウザーSafariの2017年9月のバージョン11.0から搭載されたセキュリティ機能の一つ。SafariでWebサイトを閲覧する際のプライバシー保護を目的とし、複数のドメインを横断して情報収集し追跡するクロスサイトトラッキングを制限する機能のこと。Safariでの設定項目は「サイト越えトラッキングを防ぐ」。

クロスサイトトラッキングが可能と分類されたドメインのCookieは、サイトにアクセスするとSafariのITP機能によって分割され、サードパーティCookieとして利用できなくなる。

ITPにより、Safariにリターゲティング広告が配信されなくなったり、広告効果測定に支障が生じたりする可能性がある。