単純接触効果(ザイアンスの法則)

単純接触効果とは、何度も繰り返し接触することで警戒心が薄れ、好感度や評価が高まる効果のこと。1968年にアメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが発表し、「ザイアンスの法則(ザイオンスの法則)」とも呼ばれる。

「特定の刺激に繰り返しさらされることで、その刺激に対する態度に変化が生じる」というもので、何度も見たり聞いたりすると、初めのうちは興味がなくても親しみを感じるようになり、徐々に良い感情を持つようになってくるという効果。

接触した初期は情報処理に労力を要するが、刺激に慣れてくると情報処理は円滑になり、接触頻度が増えるたびに肯定的に認識するようになるからとされる。

人やモノ、商品やブランド、広告やCM、味や香りなど、さまざまなものに対して起こる。