ナイチンゲール症候群

ナイチンゲール症候群(Florence Nightingale Effect)とは、看護師など医療機関にて世話をする者が世話される側の患者に対して恋愛感情を抱く現象や状況のこと。「ナイチンゲール効果」ともいう。

通常の医療業務を行い特別な感情は本来無いにもかかわらず、自身による患者への献身的な対応を恋愛と錯覚し、恋愛感情を抱くようになるというものである。一般的には患者が回復して関与が減るのに伴い、恋愛感情は徐々に失せていく。

イギリスの看護婦フローレンス・ナイチンゲール(Florence Nightingale)にちなんだ名称であるが、彼女が患者に対して恋愛感情を抱いたという記録は全くない。