チアリーダー効果

チアリーダー効果(Cheerleader Effect)とは、女性を前にすると男性の行動が無意識に積極的になったり大胆になったりすること。魅力的な女性の視線や声援を受けたり、その人のことを意識したり考えたりすると、男性の行動はポジティブに変化するというもの。

別の意味として、集団の中にいる女性の顔は一人でいるときの顔よりも男性にとって魅力的に見えることも、チアリーダー効果と呼ばれる。個々の女性ではそこまで魅力的に感じなくても、グループの中にいると急に魅力的に感じるという現象である。2013年にカリフォルニア大学のDrew WalkerとEdward Vulが発表した。4人集まればこのチアリーダー効果は生じる。

いずれも、女性よりも男性に起こりやすい事象とされる。