テレカン

テレカン(telecon)とは、英語の「テレカンファレンス(teleconference)」の略語で、遠隔会議のこと。それぞれ異なる場所にいる関係者が、電話やインターネットなどを介して複数の拠点をつなぎ、会議を行うというもの。それぞれが移動することなく、移動や時間のコストを抑えられる。

テレカンには様々な形態があり、サービスとして最初に普及した「電話会議(telephone conference)」が狭義の「テレカン」の意味で用いられることがある。他にも「テレビ会議」「Web会議」などのカテゴリーのサービスが独立した呼称を用いることもあるが、総じて「遠隔会議」の一種であり、違いはないと言える。

そのため、「テレカン」「電話会議」「ビデオ会議」「Web会議」「リモート会議」「Skype」といった言葉は、事実上「(いずれかによる)遠隔会議」の意味で統一されずに用いられている。

高速で安定したインターネット環境の普及、および安価なサービスや機器の登場によって、それぞれの参加者が顔をPCやスマートフォンのカメラで映し出したり、資料を画面で共有したりしながら、スムーズに会議を行えるようになった。