ブルーオーシャン

ブルーオーシャンとは、競合性の低い未開拓な市場のこと。新しい製品やサービスを投下することで、これまでなかった価値を顧客に向けて創出するような市場を指す。

W・チャン・キム氏とレネ・モボルニュ氏が、2005年の著書『ブルー・オーシャン戦略』で提唱した。

誰も手掛けていないような新しいビジネスやアイデアを創出するというわけではなく、差別化を図ったり付加価値を付けたりなど競争優位な立場でビジネスを展開することで、戦う市場をブルーオーシャンにシフトするものである。

ブルーオーシャンに対して、競争の激しい既存市場のことを、価格や質に対する血で血を洗うような競争を指して「レッドオーシャン」と呼ぶ。


[新版]ブルー・オーシャン戦略―――競争のない世界を創造する
W・チャン・キム (著), レネ・モボルニュ (著)
アマゾンで詳しく見る