カオスマップ

カオスマップとは、特定業界のプレイヤー(企業、プロダクト)やカテゴリー、関係性を表した業界地図のこと。デジタル広告やデジタルマーケティング系の業界で作成されることが多いが、他の業界でも見られる。

各企業と所属するカテゴリー、関係性、バリューチェーンなどを一覧性のあるマップで整理しており、全体像の把握に役立つ。多くの企業が入り交じった複雑な見栄えから「カオスマップ」と呼ばれるが、和製英語である。

2010年にアメリカのLUMA Patners社のTerence Kawaja氏が発表した業界地図「LUMAscape」のうち、複雑なディスプレイ広告業界をまとめた「Display LUMAscape」が世界中で広くシェアされた。これを日本では「カオスマップ」と称してシェアされ、日本版も作成されるなどで普及したのが起源である。

DISPLAY LUMAscape

カオスマップは、英語では「Industry Landscape Map」「Industry Cloud」などと呼ばれる。