SMB (Small and Medium Business)

SMBとは、「Small and Medium Business」の略で、中小企業もしくは中堅中小企業のこと。SMBには明確な従業員規模の定義はなく、用いる際は明示する必要がある。従業員数が300名以下や1000名以下の企業としていることが多い。「SMB市場」といった表現で用いられる。

ガートナー社による「中堅企業」「中規模企業」「小規模企業」の定義

IT分野の調査を行うガートナー社が企業規模で定義する「中堅企業」「中規模企業」「小規模企業」は、以下のとおり。

  • 中堅企業(General Business):従業員数1000未満500人以上の企業
  • 中規模企業(Mid-Market Business):従業員数500人未満100人以上の企業
  • 小規模企業(Small Business):従業員数100人未満の企業

また、この「中堅企業」「中規模企業」「小規模企業」といった従業員数1000未満の企業を「Commercial Business Unit (CBU)」と称し、それより規模の大きい企業を「Enterprise Business Unit (EBU)」と分類するところもある。

日本の中小企業庁による「中小企業」の定義

日本の中小企業庁による「中小企業」の定義は、以下のとおり。

  • 製造業その他では資本金3億円以下または従業員数300人以下の企業
  • 卸売業では資本金1億円以下または従業員数100人以下の企業
  • 小売業では資本金5000万円以下または従業員数50人以下の企業
  • サービス業では資本金5000万円以下または従業員数100人以下の企業