競争地位別戦略(リーダー/チャレンジャー/フォロワー/ニッチャー)

競争地位別戦略(Kotler’s Competitive Positions)とは、1980年にフィリップ・コトラー(Philip Kotler)が提唱した競争戦略の理論で、業界や市場における立場ごとの戦略目標を提示したもの。マーケットシェアの観点、量的経営資源と質的経営資源の大小から、企業をリーダー、チャレンジャー、フォロワー、ニッチャーの4つに類型化し、それぞれの競争地位に応じた戦略目標を提示している。

コトラーの競争地位別戦略

マーケット・リーダー

マーケット・リーダー(Market Leader)とは、最大のマ-ケットシェアを持ち、業界や市場を牽引する立場にある企業のこと。競合と同じ種類の製品を扱う同質化戦略や、あらゆる種類と価格帯の製品をそろえるフルライン戦略など、「全方位戦略」でシェアの維持、拡大を図り、かつ市場全体を拡大することが戦略目標となる。

マーケット・チャレンジャー

マーケット・チャレンジャー(Market Challenger)とは、業界や市場の二番手企業であり、リーダー企業を追ってトップシェア奪取を狙う企業のこと。リーダーとは異なる製品を提供する「差別化戦略」で、シェア拡大を図ることが戦略目標となる。

マーケット・フォロワー

マーケット・フォロワー(Market Follower)とは、リーダーやチャレンジャーほど量的経営資源に恵まれず、ニッチャーほど技術力(質的経営資源)を持たない企業のこと。競合は最も多いが、上位企業の製品と同等、類似するものを安く提供する「模倣追随戦略」で、合理化によって収益性を高めながらシェア獲得を図ることが戦略目標となる。

マーケット・ニッチャー

マーケット・ニッチャー(Market Nicher)とは、マーケットシェアは小さいが、リーダー企業が興味を示さないようなニッチ市場(すきま市場)において、技術力を生かして独自の地位を獲得している企業のこと。特定のセグメントに絞って専門的な強みを生かす「集中化戦略」で、収益の向上を図ることが戦略目標となる。

created by Rinker
¥3,272 (2024/04/16 17:16:30時点 Amazon調べ-詳細)