バリューチェーン

バリューチェーン(value chain)とは、企業のさまざまな活動が最終的な価値にどのように貢献しているのかを連鎖(チェーン)として捉えた概念のこと。企業の事業活動を分類し、どの工程で付加価値が生み出されているか、どこに競争優位や劣位があるかを分析し、戦略の見直しに役立てることができる。マイケル・E・ポーターが1985年に著書『競争優位の戦略』で提唱した。「ポーターの価値連鎖」とも呼ばれる。

バリューチェーンは、価値をつくる活動とマージン(利益)で構成し、活動は主活動と支援活動に分かれる。主活動は、原材料の購買、製造、出荷物流、販売、マーケティング、アフターサービスなどが該当し、支援活動は人事や経理、技術開発などが該当する。

顧客に提供しているすべての価値から企業活動のコストを引いたものがマージンであり、企業が生み出す価値となる。

created by Rinker
¥8,580 (2024/05/27 05:40:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥6,194 (2024/05/27 05:40:54時点 Amazon調べ-詳細)