RPM(インプレッション収益)

RPMとは、Revenue Per Milleの略で、表示回数あるいはページビュー数1,000回あたりの収益額を表す指標のこと。メディアや広告枠の収益性を評価する指標の一つ。インプレッション収益。読みは「エールピーエム」。

一般的には、メディアの広告枠を評価をする際、広告のクリック率(CTR)やクリック単価といった指標よりも、「ページ1,000回表示あたりの広告収益性」であるRPMを用いるのが適切とされ、重要な指標である。RPMが高いほど、収益性が高い広告(ページ、Webサイト)と言える。

「Revenue Per Mille」の「Mille」は、ラテン語で「1,000」を表す。