フリークエンシー

フリークエンシー(frequency)とは、マーケティングにおいては顧客が一定期間に累計何回購入したかという購入頻度を表す指標である。購入頻度が多い顧客は優良顧客と捉える。3つの指標軸を用いて顧客を分類する顧客分析の手法「RFM分析」の指標の一つ(残り2つはリーセンシー[recency] とマネタリー[monetary])。

また、デジタルマーケティングやインターネット広告の領域においては、ユーザーが一定期間に何回該当の広告に接触したのかという広告の接触頻度(接触回数)を表す。広告接触の「深さ」を示し、「広さ」を示す「リーチ」とともに広告運用上の重要な指標の一つである。運用型広告では広告配信時に、ユーザーに表示される回数を制限するフリークエンシーキャップを設定することができる。