アジャイル

アジャイルとは、元々は「機敏な」「素早い」「頭の回転の早い」という意味の英語である。ビジネス領域では、環境や状況の変化に機敏かつ柔軟に適応して、効率よく理想の状態に近づいていくことを指す。

仕様変更を前提として反復的な開発を進めていく「アジャイルソフトウェア開発」、用意周到な計画ありきではなく環境変化への迅速な対応を目的として目標や戦略戦術を短期間で決定する「アジャイル経営」「アジャイルマーケティング」といった用い方をされる。

「アジャイル」は、上流の計画が分解されて下流まで計画通りに進むことを前提とした「ウォーターフォール」モデルに代わるものとして、環境変化への柔軟性を求めるベンチャーやスタートアップ界隈を中心に支持されている。