インナーシティ

インナーシティとは、元々は単に都市の中心部を意味する言葉だったが、人口の郊外流出による減少や高齢化、建物の老朽化などによって居住環境が悪化した、都心周辺部の低所得者層の居住地域のことを指すことが多い。都市内都市、都市内集落。

都心周辺部の衰退が起こると、地価が下がり治安も悪化、他の地域との関わりも断絶して地域社会が崩壊する。このように都心周辺部の低所得者居住地域のスラム化が進行する状態を「インナーシティ現象」「インナーシティ問題」と呼ぶ。

インナーシティには、都心周辺部の居住環境が悪い地域に移民などが流入して形成されるものと、都心部の工業地区の移転や商業地区の新陳代謝の滞りなどによる地域社会の機能低下で生成されるものとがある。