OTS (Opportunity to See)

OTSとは、Opportunity to Seeの略で、主に広告の「見られる機会」「接触される機会」を表す概念のこと。広告が実際にターゲット層にリーチしているかどうかというもの。もしくは、ターゲット層が広告にどの程度接触したかを測定する手法のこと。

ターゲット層やユーザーが実際には閲覧していなくても表示されている状態が良いのではなく、実際に見られている状態であるか、接触されている状態であるかが重要である、という概念。

インターネット領域の広告が発達するにつれ、新しい技術で広告が視界に入ったのどうかをユーザーにより近いところで計測できるようになり、「ビューアビリティ」の概念につながっていった。