セパレートURL

セパレートURLとは、Webサイトをデスクトップ端末(パソコン)とモバイル端末(スマートフォン)の両方に適切に対応する際、それぞれに別々のURLでコンテンツを配信すること。

例えば、デスクトップ端末向けには「www.example.com」のURLでコンテンツを配信し、そのページに対応するモバイル端末向けURLは「m.example.com」や「www.example.com/sp/」で配信する、といった状態が挙げられる。

Webサイトのモバイル端末向け対応は、「レスポンシブウェブデザイン」「動的な配信(ダイナミックサービング)」「セパレートURL」の3種類ある。検索エンジンのGoogleは「すべてのGooglebotユーザーエージェントがすべてのページにアクセス可能である限り、特定のURL形式が優先されることはない」としており、Webサイトにふさわしい方法を採用して良い。この3種類の形式の混在も許容されている。

別々の URL | 検索 | Google Developers