トリム平均

トリム平均とは、上位と下位のデータを一定の割合で取り除いて計算した平均値のこと。データの中に外れ値異常値がある場合、平均値がそれらに影響を受けないように除外できる。「刈込み平均」「調整平均」ともいう。

最小値側と最大値側からそれぞれ5%のデータを除去する場合、「5%トリム平均」という表現を用いる。25%トリム平均は「中央平均」と呼ぶ。

エクセルによるトリム平均

エクセルでトリム平均を求めるには、TRIMMEAN関数を用いる。

=TRIMMEAN(配列,割合)

上位と下位からそれぞれ5%を除去する「5%トリム平均」を求める場合、エクセルでは「上位と下位からそれぞれ5%、合計10%の割合」を指定することに注意。

使用例
=TRIMMEAN(B2:B10,0.1)