インテリジェンス

インテリジェンスとは、知性や知能、あるいは情報といった意味のこと。ビジネス領域においては、同く「情報」として捉えられる「データ」「インフォメーション」との区別や対比として「インテリジェンス」は用いられる。

データとインフォメーションとインテリジェンスの違い

日本語では「情報」として捉えられる「データ」「インフォメーション」「インテリジェンス」は、その位置づけや扱いによって意味が異なる。

データ
収集できるあらゆる情報のこと
インフォメーション
データからピックアップされた意味のある情報のこと。体系立てて整理された情報のこと
インテリジェンス
インフォメーションからピックアップされ、分析や解釈を施された情報のこと

一般的には、データ→インフォメーション→インテリジェンスという方向に変化、転換していく。「データ」は意味のあるものないものすべてが対象となる素材であり、その中からピックアップされ意味のあるものとして整理されたものが「インフォメーション」、さらにそこから分析し解釈を加えたものが「インテリジェンス」となる。

意志決定には主にインテリジェンスやインフォメーションが関与する。