遅行指標

遅行指標とは、景気動向を示す経済指標のうち、景気変動にやや遅れて変化する経済指標のこと。数か月から半年程度遅行することから、事後の景気状況の把握や金融施策効果の確認として活用される。遅行指数。

代表的な景気の遅行指標としては、内閣府が発表している景気動向指数のうち、以下のものがある。

  • 第3次産業活動指数
  • 常用雇用指数
  • 実質法人企業設備投資
  • 家計消費支出
  • 法人税収入
  • 完全失業率
  • 消費者物価指数

遅行指標に対して、景気の動きに先行して敏感に動く経済指標を先行指標という。

景気動向指数の利用の手引 – 内閣府