マーチャンダイジング

マーチャンダイジング(merchandising)とは、消費者が求める商品を、適切な数量や価格、適切な場所やタイミングで提供するための戦略、企業活動のこと。「商品化計画」「商品政策」などと訳される。主に小売業界で用いられる。略称は「MD」。

商品の企画開発から仕入れ、価格設定や販売方法、在庫管理といった一連の活動を含む。「マーケティング」の概念に含まれるものだが、その範囲や定義は流動的で、用いる業界や企業、時代によって異なることがある。

アメリカ・マーケティング協会(AMA)は、マーチャンダイジングを「適正な商品を、適正な場所で、適正な時期に、適正な数量を、適正な価格で、マーケティングする諸計画」と定義し、それらを5つの要素を「5つの適正 (5R, Five Rights)」とした。

  • 適正な商品:消費者が求める商品を置いているか。品揃え
  • 適正な場所:どこで販売しどのように陳列するのか
  • 適正な時期:いつ仕入れていつ販売するのか
  • 適正な数量:どれだけ仕入れてどれだけ販売するのか。在庫管理
  • 適正な価格:いくらで仕入れていくらで販売するのか。価格設定