6次産業化

6次産業化とは、第一次産業(農業、林業、漁業)の事業者や従事者が、第二次産業である製造加工も行い、第三次産業である小売業にまで事業を展開する多角的な経営形態をとること。第一次産業による生産物を食品や製品に加工し、販売や流通までを統合して担うことで、第一次産業の価値を高めようとする取り組みである。

「6次産業」は、それぞれの産業を統合、融合するという意味で「第一次産業(1)」×「第二次産業(2)」×「第三次産業(3)」の掛け算による「6」に由来し、「6番目」の意味ではない。東京大学の農業経済学者である今村奈良臣が提唱した造語である。

農林漁業の6次産業化:農林水産省

created by Rinker
大学教育出版
¥1,760 (2024/07/15 22:30:17時点 Amazon調べ-詳細)