ボランタリー・チェーン

ボランタリー・チェーンとは、同業種の小売業者が独立性を維持しながら、仕入れや物流などの営業活動を共同で行う組織、あるいはビジネスモデルのこと。任意連鎖店。

仕入れや物流を大口で行えるため、商品仕入れ単価の抑制や設備投資の削減といったメリットがある。

本部が中心となってチェーンオペレーションを行うフランチャイズ・チェーンと共通点は多いが、ボランタリー・チェーンでは本部と小売業者の立場は対等で、各社は独立した経営を行える。ただし、フランチャイズ・チェーンのように経営ノウハウを学べたり技術支援を受けられたりというような機会は少ない。

卸売業者を中心としたものと小売業者を中心としたものがあるが、小売業者を中心とした組織はコーペラティブ・チェーンと呼び、ボランタリー・チェーンと区別することがある。

日本の代表的なボランタリー・チェーンとして、全日食チェーンやCGC、西川チェーン、ヤマザキショップなどがある。