千三つ(せんみつ)

千三つとは、マーケティングの領域においては「1000件のうち3件の確率」、つまり反応率が0.3%程度という意味の慣用句。読みは「せんみつ」。

不動産物件の成約率が1000件に3件程度だったことから、土地売買の職業のことをかつて「千三つ屋」と呼ぶことがあった。そこから派生して、商品開発の難しさやインターネットのバナー広告のクリック率なども概ねその確率であることから、「千三つ」と表現されることがある。

元々は「千回のうち3回ぐらいしか本当のことを言わない嘘つき」の意味である。江戸時代から用いられており、落語などでも登場する。

タレントでコメディアンのせんだみつお氏の芸名の由来でもある。