スプリンターネット(サイバーバルカン化)

スプリンターネット(splinternet)とは、グローバルでオープンなはずのインターネットが政治やナショナリズム、宗教などにより分断された状態になること。20世紀に民族国家が乱立したバルカン半島の様子から「サイバーバルカン化 (cyber balkanization, cyberbalkanization)」「インターネットのバルカン化 (internet balkanization)」とも呼ばれる。

例えば中国では、政府がインターネット情報を検閲したり欧米のいくつかのインターネットサービスを遮断するなど「グレートファイアウォール」を構築している。技術や商業的な側面においても、ヨーロッパが個人情報の取り扱いを厳格化するなどデータの管理や移転に制限が設けられ始めている。

国や地域間での分断だけでなく、同じような考えや思想を持つ人がソーシャルメディア(SNS)などで強力につながって閉鎖的なコミュニティを形成し、世間から分裂することも該当する。

created by Rinker
¥20,280 (2024/04/17 09:32:33時点 Amazon調べ-詳細)